HOMEカラオケ愛唱館 現在:PC版スマホ版へ移動
お家でカラオケ

お家でカラオケ



 〔カラオケ愛唱館〕では、PCやタブレット、スマホなどでカラオケを簡単に楽しめます。しかし、残念ながらこれらの機器には本式のカラオケのようなマイク機能はありません。

 それじゃ物足りない、カラオケはパソコン画面などに映して視聴するだけじゃなく、やっぱり自分の声をマイクでアンプに送り、大きな声で思いきり熱唱したいというのが人情というものです。このページでは、そんなときどうしたらそれが実現できるかを説明しています。


演歌J-POP童謡唱歌・叙情歌民謡軍歌
歌手新曲人気歌謡感動の物語お家カラオケ
 
概略内容

 〔カラオケ愛唱館〕をPC(パソコン)やスマホ、タブレットで視聴するとき、マイクロフォンを使いながら、自分の声を画面の映像や音楽に合わせて、歌ってみる方法の説明です。

 基本的には、パソコンかスマホ、あるいはタブレットを持っていることが、不可欠の条件です。

 そして、2,000円程度の安価なマイクロホンと、マイクが差し込めるCDラジカセなどがあれば、超簡単に実現できます。

 超簡単とは言っても、マイクやラジカセなどが必要なので、多少のお金はかかります。



 ご存知の通り、パソコン(PC)や、スマホ、タブレットで〔カラオケ愛唱館〕を使えば、多くのカラオケ曲を無料で視聴することができます。

 しかし、カラオケ動画をパソコン画面に大きく映して視聴するだけなら、これで十分ですが、これだけだとちょっと物足りないですよね。だって、自分の音声を音楽に乗せてガンガンと飛ばせませんからね。
 このようなことを実現するためには、パソコン画面に合わせて、自分の声を乗せてやる必要があります。

 簡単な方法から本格的な方法まで、いくつかのやり方がありますが、このページでは、それらを概説しています。先ずは、超簡単な方法をやってみるのがお勧めです。




実施例1 パソコンでカラオケを視聴し、熱唱する超簡単な方法。
超簡単な基本原理
 原理はとても簡単です。先ずは、パソコンで〔カラオケ愛唱館〕を立ち上げます。

 マイクロフォンを差し込めるタイプのCDラジカセを準備します。電気屋さんとかホームセンターなどでマイクを購入します。

 簡単すぎるけれど、これでだけで準備完了です。では自分好みのカラオケを存分にお楽しみください。いくら歌っても完全無料ですから安心です。

絵で描いてみると
 簡単すぎるけれど、一応、絵で描いてみると、こんな感じです。

 マイクは家電量販店などで簡単に入手できます。ホームセンターでもよく見かけます。

 CDラジカセは、必ず、マイクが接続できるタイプが必要です。

 CDラジカセには、マイクが繋げるものとマイク接続端子のないものとがありますので、購入店でよくきいて確認してから購入してください。また、ラジカセの機種によっては、はじめからマイクが付属しているものもありますので、そのような機種ならマイクの購入は不要です。

PCでカラオケを歌う絵

 参考までに、マイクやラジカセなどは、ネット通販で有名なアマゾン社から安価に購入することもできます。下記にいくつか紹介しておきます。ラジカセにはマイクが付属した商品と、別途マイクが必要な商品があります。

 尚、商品によって送料が無料の場合が多いですが、その場合でも、代引きで購入するときは代引料金はかかります。(クレジットカードでの支払いなら送料はかかりません。)



実施例2 スマホ、タブレットからTVに映して楽しむ方法。
超簡単な基本原理
 パソコンは持っていなくても、スマホやタブレットを持っている人が 〔カラオケ愛唱館〕 を使って、カラオケを楽しむ方法があります。

 〔実施例1(簡単な方法)〕で説明したパソコンの代わりに、スマホやタブレットの画像を見ながら楽しめばいいわけです。

 でも、これだけだと画面が小さいので、ちょっと不満もわいてきます。

 そこで、この〔実施例2(自宅TVで楽しむ〕は、スマホやタブレットの映像と音声を、そっくりそのまま、自宅の居間にあるTVに転送して映し出し、音声も流して、カラオケを楽しむ方法の紹介です。

 原理はまあ簡単です。準備として、先ずはスマホやタブレットの視聴映像をTVに転送する手立てを講じます。難しくはありませんが、TVの仕様の確認や、若干の部品購入などが必要です。(このページの下の方で説明)

 次に、実施例1の場合と同様に、マイクとCDラジカセを準備します。

 これらの準備が完了したら、スマホやタブレットから 〔カラオケ愛唱館〕 を立ち上げます。

 自分好みのカラオケを存分にお楽しみください。

TV自体の確認

HDMI端子が必要

 この方法では、スマホやタブレットの映像や音声を自宅のTVに転送する必要があります。

 専門用語では、このような方法を 〔ミラーリング〕 と呼んでいます。映像を鏡に映すように、そっくりそのまま転送するという意味あいです。

 ここで、TVについて、非常に重要なことがあります。最近の薄型TVであれば、先ず問題はありませんが、昔のTVではこの機能が付いてなくて使えないことがあるのです。

 TVの説明書を見るか、TV自体の後ろ側(裏面)を見て、次のような接続端子が存在することを確認してください。差し込み部は写真で示すような台形みたいな形状をしています。(写真寸法はちょっといい加減です。)


 『HDMI端子』
HDMI端子イメージ写真
購入が必要な部品

◆映像変換アダプター

◆HDMIケーブル

 この方法では、スマホやタブレットの映像情報(画像+音声)を、TVに転送するのですが、基本的に二つの部品が必要となります。

『変換アダプター』
変換アダプター

 これはスマホやタブレットの映像情報をテレビのHDMI端子で接続・受信できるような信号に変換するためのアダプターです。

 スマホやタブレットは、通常、〔アイパッド型〕 と 〔アンドロイド型〕 という二つのタイプがあり、それぞれ専用のアダプターがあります。

 これについては、家電量販店などで自分のスマホやタブレットがどの機種かをはっきりと説明して、その機種に対応したアダプターを入手してください。多分、2000円くらいです。

 このページでも、変換アダプターの紹介をしております。変換アダプターは、使用するスマホやタブレットに正しく対応した商品でないと、うまく機能しない恐れがあります。その辺りに自信のない方は、通販ではなく、家電量販店で購入すると失敗しなくてよいです。

『HDMIケーブル』
HDMIケーブル

 変換アダプターを使って、スマホやタブレットの映像信号が、テレビ用のHDMI信号に変換されます。しかし、通常、変換アダプターのケーブルはとても短いことと、接続形状のオス・メスの関係で、そのままではTVに接続ができません。

 そこで、HDMI信号をTVに接続するためのケーブルが必要となります。部屋の大きさなどを勘案して長さを決めればよいですが、ケーブル長には 1.5m、2m、3m、5m などのものがあります。

 普通は3m位のものが使いやすいです。ケーブルの太さもいろいろありますが、あまり太いとケーブルが固くてとても使いにくくなります。細目のケーブルがお勧めです。値段は500~3000円くらいでいろいろあります。

 このページでも、HDMIケーブルの紹介をしております。ケーブルについては失敗ということはありえませんので、安く入手しようと思うなら通販でも問題はありません。あまり自信のない方は、家電量販店で購入するとよいでしょう。


TVへの画像転送方法

絵で描いてみると

 この方法でのやり方も簡単ですが、一応、絵で描いてみると、全体的にはこんな感じになります。超簡単ですね。では、あなた好みのカラオケを存分にお楽しみください。

スマホやタブレットでカラオケを歌う絵