HOME カラオケ愛唱館 PC版へ移動現在:スマホ版

演歌J-POP・アニソン童謡唱歌民謡軍歌
歌手新曲人気歌謡・感動物語お家カラオケサイト情報

〔歌手:南沙織〕

あ行か行さ行た行な行
は行ま行や行ら行わ行
ABCDE列FGHIJ列KLMNO列PQRST列UVWXY列Z列・数値・記号
 
まみむめも
 
〔み〕で始まる歌手
みやさと奏
美咲あかり
観月ありさ
宮史郎
宮城まり子
宮路オサム
三浦洸一
三笠優子
三橋美智也
三船和子
三沢あけみ
三門忠治
三波春夫
三山ひろし
三代沙也可
三田明
三田りょう
都はるみ
南こうせつ
南沙織
南野陽子
美空ひばり
美川憲一
緑川アコ
水原弘
水樹奈々
水森かおり
水森亜土
水田竜子

 南沙織は、生れも育ちも沖縄県の元アイドル歌手です。実父、実母ともに日本人ですが、実母の再婚相手がフィリピン人だったことから、フィリピン人とのハーフであるとの誤解が流されたこともありました。

 南沙織は、地元沖縄のテレビ番組「100万人の大合唱」でアシスタントのアルバイトをしていました。たまたま琉球放送のテレビ番組にゲスト出演した「ヒデとロザンナ」のマネージャーが南沙織の写真を持ち帰り、それが新たな人材を探索中だったCBS・ソニーの目にとまって、急遽東京に呼び寄せることとなったのでした。

 1971年春に、本土復帰前の沖縄から母親と二人で初来日して、デビューの準備が始まりました。わずか3か月後の6月1日、「ソニーのシンシア」のキャッチフレーズのもと「17才」で歌手デビューし、実に54万枚の大ヒットを飛ばします。そして、その年末の第13回日本レコード大賞で新人賞を受賞し、第22回NHK紅白歌合戦への初出場も果たしました。

 当時を代表するアイドル歌手となり、同時期デビューの小柳ルミ子、天地真理らと共に「三人娘」とも呼ばれました。1975年発売の「人恋しくて」では、第17回日本レコード大賞の歌唱賞を受賞します。1978年に上智大学に入学し、学業に専念するため、10月の「さよならコンサート」を最後に歌手を引退しました。

 1991年末に、歌手活動を再開し、第42回NHK紅白歌合戦に14年ぶりに出場し、「色づく街」を歌いました。



曲名リスト
〔南沙織〕 歌手本人情報
い・ 色づく街 オリジナル歌唱
か・ 哀しい妖精 オリジナル歌唱
き・ 傷つく世代 オリジナル歌唱
し・ 潮風のメロディ オリジナル歌唱
17才 オリジナル歌唱
純潔 オリジナル歌唱
女性 オリジナル歌唱
シンシア オリジナル歌唱
は・ 春の予感 オリジナル歌唱
ひ・ 人恋しくて オリジナル歌唱

プロフィール
〔通称名〕  南沙織
〔本名・実名〕  篠山明美(旧性:内間)
〔愛称〕  シンシア(Cynthia)
〔生誕〕  1954年7月2日
〔死没〕  
〔星座〕  蟹座(かに座)
〔出身地〕  沖縄県
〔出身校〕  
〔職業〕  歌謡曲・J-POPJ-POP歌手
〔所属団体〕  
〔代表作品〕  
〔血液型〕  
〔身長〕  157cm
〔体重〕  43kg
〔趣味・特技〕  手芸・ボーリング・スポーツ
〔好きなもの〕  
〔ペット〕  
〔好きな色〕  
〔好きな言葉〕  

ページのトップへ戻る

世界の偉人館おすすめ今日は何の日館

アマゾン商品


南沙織スーパー・ベスト
DREAM PRICE 1000 南沙織 17才
GOLDEN☆BEST/南沙織 筒美京平を歌う
GOLDEN☆BEST 南沙織 コンプリート・シングルコレクション
GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~

ページのトップへ戻る