HOME カラオケ愛唱館 現在:スマホ版PC版へ移動

演歌J-POP・アニソン童謡唱歌民謡軍歌
歌手新曲人気歌謡・感動物語お家カラオケサイト情報

〔歌手:野口五郎〕

あ行か行さ行た行な行
は行ま行や行ら行わ行
ABCDE列FGHIJ列KLMNO列PQRST列UVWXY列Z列・数値・記号
 
なにぬねの
 
〔の〕で始まる歌手
野口五郎
野坂昭如

 野口五郎は、1970年代に〔新御三家〕の一人として日本を代表しした男性アイドル歌手・俳優である。

 野口五郎の出身地は岐阜県美濃市で、歌うギタリストとされている。家族には妻の三井ゆりと一女一男の子供がいる。

 作曲家の佐藤寛は実兄である。

 3歳頃から歌い始め、10歳になった1966年10月には、フジテレビの「ちびっこのどじまん」で、荒木一郎の『今夜は踊ろう』を歌って優勝した。ちびっこのどじまんでは天童よしみがライバルだったという。

 中部日本放送の「どんぐり音楽会」で、ザ・ワイルド・ワンズの『青空のある限り』を歌い1位となった。これをきっかけにプロを目指して上京し、芸能事務所〔NPプロダクション〕に所属して、堀越高等学校を卒業した。

 1971年5月1日、『博多みれん』で演歌歌手としてデビューするも不発、2曲目の『青いリンゴ』でポップス歌手に転向すると若い女性の人気が沸騰した。1972年の第23回NHK紅白歌合戦に当時の最年少初出場歌手として登場し、後からデビューする西城秀樹、郷ひろみと共に新御三家と呼ばれるトップアイドルの仲間入りを果たした。



曲名リスト
〔野口五郎〕 歌手本人情報
あ・ 青いリンゴ オリジナル歌唱
甘い生活 オリジナル歌唱
お・ オレンジの雨 オリジナル歌唱
き・ 君が美しすぎて オリジナル歌唱
し・ 私鉄沿線 オリジナル歌唱
針葉樹 オリジナル歌唱

プロフィール
〔通称名〕  野口五郎
〔本名・実名〕  佐藤靖
〔愛称〕  
〔生誕〕  1956年2月23日
〔死没〕  
〔星座〕  魚座(うお座)
〔出身地〕  岐阜県美濃市
〔出身校〕  
〔職業〕  歌手:J-POP・歌謡曲歌手
〔所属団体〕  
〔代表作品〕  
〔血液型〕  A型
〔身長〕  174cm
〔体重〕  
〔趣味・特技〕  
〔好きなもの〕  
〔ペット〕  
〔好きな色〕  
〔好きな言葉〕  

ページのトップへ戻る

世界の偉人館おすすめ今日は何の日館

アマゾン商品


君が美しすぎて
僕をまだ愛せるなら(DVD付)
野口五郎 ザ・ベスト EJS-6178
野口五郎 35周年記念ライヴ [DVD]
GORO Prize Years, Prize Songs ~五郎と生きた昭和の歌たち~(DVD付)

ページのトップへ戻る