HOMEカラオケ愛唱館 現在:PC版スマホ版へ移動 世界の偉人館おすすめ今日は何の日館
演歌J-POP・アニソン童謡唱歌・叙情歌民謡軍歌
歌手新曲人気歌謡お家カラオケサイト情報
 

〔う〕で始まる軍歌


 〔う〕で始まる軍歌の数はそれほど多くはありませんが、わずかに人気曲もあります。

 『海の底さえ汽車は行く』 『海の護り』
 『海行かば』       『海行く日本』
 『海鷲だより』      『梅と兵隊』


 〔う〕で始まる軍歌では、『梅と兵隊』以外には名曲と呼ばれる歌はありません。


あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
まみむめも
やゆよ
らりるれろ
わ英数字デュエット
 
〔珠玉の軍歌〕
 
梅と兵隊
オリジナル歌唱歌唱:akiraplastic5Kara Tube  

 〔う〕で始まる軍歌で、戦前にそれなりに歌われた人気曲は、『梅と兵隊』や『海行かば』くらいです。『梅と兵隊』は典型的な軍歌です。

 『海行かば』は、戦前においては、将官礼式曲として用いられた曲です。

  『梅と兵隊』
  『海行かば』

 太平洋戦争中、大本営は戦果が挙がった際には軍艦マーチを流して戦果報道をしましたが、戦況思わしくなく玉砕した場合などには、『海行かば』を流してから発表を行いました。

 敗戦色が濃くなった戦争末期、大本営はラジオでこの曲を流しながら戦地での玉砕発表をしたのです。

 『海行かば』は、軍艦での戦死者を海中に向かって投げ落とし葬るときなどにも歌われるような哀しい葬式の歌でもありました。この歌は、老人たちには極度な悲しみを思い起こさせる悲しい曲なのです。

 『海行かば』の歌詞は、万葉集の大伴家持の歌から採られたとされます。その意味するところは以下の通りです。

 海で戦うなら、水に浮かぶ屍ともなろう。
 山で戦うなら、打ち捨てられた死体を草が覆い尽くすだろう。
 天皇のおそばで死ねるのだから、なんの後悔などあろうか。


ページのトップへ戻る

う 玉石混交の歌曲
うみ 海の底さえ汽車は行く オリジナル歌唱歌唱:niponpolydor 世紀の誉れだ 雲に… 戦時歌謡
海の護り オリジナル歌唱歌唱:echirakkoMARUMEGANENOOYAJI すめら尊の統帥… 戦時歌謡
海行かば オリジナル歌唱歌唱:HAL7000n歌唱:LAUT Channel 海ゆかば 水漬く… 戦時歌謡
海行く日本 オリジナル歌唱歌唱:akiraplastic7 波を枕に嵐を歌に … 戦時歌謡
海鷲だより オリジナル歌唱歌唱:憂国日本 あの隊長も あの戦友… 戦時歌謡
うめ 梅と兵隊 オリジナル歌唱歌唱:akiraplastic5Kara Tube 春まだ浅き戦線の … 田端義夫

ページのトップへ戻る